夫婦不明の土砂崩れ現場で女性の遺体発見 相模原市

夫婦不明の土砂崩れ現場で女性の遺体発見 相模原市

台風19号で夫婦が行方不明になっている神奈川県相模原市の土砂崩れ現場で女性の遺体が見つかりました。

 先月12日、相模原市緑区で大規模な土砂崩れが発生し、巻き込まれた住宅の住民で東京消防庁の元職員・佐々木睦さん(67)と妻で准看護師の定子さん(64)の行方が分からなくなっています。相模原市などによりますと、現場では消防による捜索が続いていましたが、今月10日午後3時すぎに住宅の下にある谷で女性1人の遺体が見つかりました。警察が身元の確認を進めています。