至近距離から発砲の様子も・・・ 若者1人は緊急手術

至近距離から発砲の様子も・・・ 若者1人は緊急手術

抗議活動が続く香港で11日朝、警察官が活動に参加していた若者に実弾3発を発砲し、2人が負傷しました。

 11日朝、香港の中心部でデモ隊を排除しようとしていた警察官が参加者ともみ合いになった際、実弾3発を発砲しました。至近距離から発砲する様子も映像に捉えられ、10代の若者2人が撃たれました。詳しい容体は分かっていませんが、香港メディアによりますと、このうちの1人は病院で緊急手術を受けているということです。香港では抗議活動をしていた大学生の男性がビルから転落して8日に死亡しました。市民らは政府や警察に反発を強めていて、11日午前7時から道路の封鎖などを呼び掛けていました。