下院議長の涙のワケは?混迷する英国政治の“仕切り役”が交代

下院議長の涙のワケは?混迷する英国政治の“仕切り役”が交代

オーダーオーダー!(静粛に)。独特の声で議員らを落ち着かせ、英国のEU離脱、ブレグジット論争を最前線で仕切ってきたジョン・バーコウ下院議長が退任した。普段は議員たちの容赦ない論争の場である英国議会だが、このバーコウ議長の退任に対しては、結束して感謝を示した。後任は労働党出身のホイル議員だ。退任後、バーコウ議長はテレビ東京の単独取材に応じた。
新議長は議員に引っ張られながらイヤイヤ就任する?議員は互いの名前を呼んではいけない?これまでの動画でも紹介してきたが、実は、英国議会には知られざる「ヘンなルール」や慣習がいくつもあり、議長の交代にあたっては、こうしたルールが見え隠れする場面があった。議長が交代する一連のやりとりや、議会の「ヘンなルール」についてテレビ東京前ロンドン支局長の豊島晋作が映像を交えて解説する。

#英国議会#イギリス議会#バーコウ議長#議長#オーダー#静粛に#ブレグジット#EU離脱#豊島晋作#豊島#前ロンドン支局長#涙のワケ#泣いたワケ