護送中に被告の男逃走 警察官見守る中児童ら登校

護送中に被告の男逃走 警察官見守る中児童ら登校

9日に東大阪市で護送中に被告の男が逃走して今も確保されていない事件を受け、現場周辺の小学校では11日に警察官や教員が見守るなか、児童らが登校しました。

 東大阪市では9日、大植良太郎被告(42)が護送中の車から逃走し、現在も確保されていません。現場に近い小学校では保護者の多くが付き添いました。
 保護者:「落ち着くまでしばらくは(付き添う)。迎えもするつもり」「(移送先まで)600メートルから700メートルなのに、何で(被告の)手錠を緩めたのか疑問」
 大植被告は逃走の際、丸刈りで長袖シャツにズボンをはき、裸足でした。また、腰縄と右手には手錠をつけたままでした。