「税を考える週間」 子どもたちが“税務署”体験

「税を考える週間」 子どもたちが“税務署”体験

東京・江東区で、子どもが税務職員に扮する体験イベントが始まりました。

 江東区の職業体験型テーマパークでは11日から始まる「税を考える週間」に合わせ、期間限定で税務署の仕事を体験できます。参加した小学生は電卓を使った消費税の計算方法や軽減税率について学んだ後、税務職員に扮して実際に施設内の店に行き、消費税が正しく納められているか調査しました。
 参加した小学生:「税務署ってこういうことをやるんだなっていうことが分かって、あんまり普段、見たことがないので、よく分かったかな」
 このイベントは17日まで行われます。