泊原発の断層調査 規制委が追加のデータ求める

泊原発の断層調査 規制委が追加のデータ求める

原子力規制委員会は北海道電力の泊原発の敷地内断層を現地調査し、さらにデータを提出するよう求めました。

 原子力規制委・石渡明委員:「必要なものはそろっております。十分であるかどうかというと、若干の議論の余地がございます。もう少しデータをそろえる必要があると、きょう、申し上げました」
 ほくでんは泊原発の敷地内を走る断層が「活断層ではない」と主張していて、15日の現地調査で規制委側に斜面を掘って露出させた断層や地層を示しました。しかし、調査後に規制委の石渡委員は「さらに検討が必要」として、ほくでんに追加のデータ提出を求めたことを明らかにしました。この断層が活断層と断定されれば原発の建屋などにさらなる耐震強度が求められることになり、審査の長期化は避けられません。