中野駅までバス使い移動 警察病院から逃走の男

中野駅までバス使い移動 警察病院から逃走の男

治療のため入院していた東京・中野区の警察病院から逃走した窃盗事件の容疑者の男は、JR中野駅までバスを使って逃げたことが分かりました。 窃盗の疑いで逮捕された60代の韓国籍の男はけがのため、一度、釈放されて中野区の東京警察病院に入院していました。18日、同行していた警察官の隙を見て逃げ出しました。その後の警視庁への取材で、男が病院の近くからバスに乗ってJR中野駅で降りていたことが新たに分かりました。男は所持していた現金で運賃を支払っていたということです。警視庁は引き続き中野駅前の防犯カメラなどを分析して、その後の足取りについて調べています。