「反省や対応策ないのか」中国で異例の政府批判次々

「反省や対応策ないのか」中国で異例の政府批判次々

今回の民主派圧勝という選挙結果が中国政府の今後の出方にどのような影響があるのでしょうか。北京から報告です。

 (千々岩森生記者報告)
 25日午後から政府系の主要メディアである「新華社通信」や「CCTV」が今回の選挙結果を伝え始めていますが、そのなかに肝心の議席数すら書かれていなかったため、異例のことではありますが、ネット上では政府批判が相次いでいます。例えば、ネット上では「選挙結果が言えないのか」「中国大陸の人たちにも結果を伝えるべきだ」「反省や対応策はないのか」「なぜ発表がこんなに遅いのか、自信がないんだろう」などの声がいくつも上がっています。ただ、中国政府はこれまで中国国内の「香港への反発」を逆手に取って愛国心を鼓舞し、求心力を高める手段としてきました。今回の選挙結果を政府批判、または政権転覆活動と位置付けて香港への圧力をさらに強めていく可能性もあります。