日本の臓器移植 22年の現状と課題

日本の臓器移植 22年の現状と課題

臓器移植法が施行されてから22年。

2010年の法改正で、臓器の提供は、本人の承諾がなくても、家族の承諾があればできるようになり、提供件数は一気に増えた。

脳死した人からの心臓移植に限っても、先日500例を超え、多くの命が救われている。

数年前、心臓移植を受けた男性。

現在はどんな生活を送っているのか、そして、日本の臓器移植の課題を取材した。

神奈川県に住む小林功武さん(20代)は、「休みの日は、車でドライブです。江ノ島とか」と話した。

小林さんは10代のころ、肥大型心筋症という重い心臓の病気と診断されたものの、数年前に受けた心臓移植手術で、今は、日常生活を問題なく送れるまで回復した。

小林さんは、「体調は絶好調です。(今、薬は飲んでいる?)飲んでいます。免疫抑制剤」と話した。

しかし、手術直後は…。

小林さんは、「ICU(集中治療室)に移植までに7カ月いたんですね。5カ月間は薬で眠らされていたので、足の筋力が落ちてて、リハビリに5カ月くらいかかって」と話した。

こうした自らの境遇で、将来の目標が定まったという小林さん。

小林さんは、「看護師になりたいです。ドナーさんの心臓をもらって、ここまで看護師になれましたってことを、次は患者さんに伝えたいからです」と語った。

心臓移植した人の5年生存率は91.9%、10年生存率は89.8%。(2018年時点)

小林さんは、「移植を受けられていなかったら死んでいたと思うので、移植を受けられてうれしいです」と話していた。

臓器移植についての理解は、この22年でどこまで進んだのか。

内閣府の調査によると、56.4%の人が、臓器移植に「関心がある」と答えているものの、実際に意思表示カードなどに臓器提供の意思を記入しているのは、12.7%にとどまっている。

また、日本で臓器移植を希望している人は、現在およそ1万4,000人にのぼるのに対し、その中で移植手術を受けられるのは、わずか2%ほどの300~400人。

また、人口100万人あたりのドナーの数は、日本は0.88人。

移植先進国のスペインやアメリカなどと比べて、桁違いに低いのが実情となっている。

その要因としては、臓器提供に対する抵抗感が残ることも挙げられるが、提供したいという意思があっても、それが生かされないケースが、まだまだあると指摘されている。

体制のさらなる整備が求められている。

(2019/11/26)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH