奈良 焼け跡から発見の男性遺体 首に刺し傷

奈良 焼け跡から発見の男性遺体 首に刺し傷

奈良県の集合住宅の火事で、焼け跡から見つかった遺体の首に刺し傷があったことが分かりました。

 25日午前4時20分ごろ、奈良県橿原市の集合住宅で火事があり、火元の部屋の焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察によりますと、司法解剖の結果、遺体は20歳から30歳くらいの男性で死因は焼死ですが、首に刺し傷が1カ所あったことが分かりました。この刺し傷は古いものではないということです。火元の部屋に1人で暮らしていた竹株脩さん(20)と連絡が取れておらず、警察は身元の確認を進めています。