ミニ水筒が大ヒット 人気の秘密は“容量120ml”

ミニ水筒が大ヒット 人気の秘密は“容量120ml”

一般的なサイズの4分の1ほどの小さな水筒が大人気になっています。容量はわずか120ミリリットル。ちょうど、あの飲み物と同じ量でした。

 発売わずか1年ほどで大ヒットとなっているミニサイズの水筒。
 DESIGN WORKS ANCIENT営業企画・庄司文平さん:「年間(売り上げ)5万本を目標にしていたんです。実際は120万本」
 人気の理由は誰もが飲み切れるサイズだという点。容量は120ミリリットルです。そのヒントになったものが、瓶に入ったドリンクです。
 DESIGN WORKS ANCIENT営業企画・庄司文平さん:「エコな時代に飲み切りサイズというのがお客様に響いたのではないか」
 通勤や通学の時間に飲み切れる量を想定しているといいます。さらに、小さなかばんやズボンのポケットにもすっぽり収まるのも好評です。