“ホーム転落”女性を救出 あっぱれ大学生の夢は?

“ホーム転落”女性を救出 あっぱれ大学生の夢は?

ホームから線路に転落した女性を救助した大学生に17日、感謝状が渡されました。今回の救出劇はまさに奇跡的なものでした。

 女性を救助したとして表彰される男性。起きたのは、仕事始めの人が多かった1月6日の月曜日の午前8時すぎのことでした。現場は茨城県のJR常磐線石岡駅。ホームで電車を待っていた女性が突然、ホーム下の線路に転落。その直後、電車がきたというのです。
 転落した64歳の女性には目に障害がありました。警察によりますと、電車が来たと勘違いして歩き出したとみられています。電車の運転士は女性に気付いてブレーキを掛けましたが、止まることができたのは通過した後でした。誰もが電車にひかれたと思ったことでしょう。ですが、この時に奇跡は起きていたのです。女性は横向きになり、ホームの壁にくっ付いた状態でじっとしていたようです。
 ホームと電車の隙間はわずか15センチほど。発見時、着ていたダウンジャケットの背中部分が切れていました。毛利優太さん(21)は、もう1人の男性と2人で女性を救出。女性はおでこをけがしたものの、意識はしっかりしているということです。ちなみに毛利さんの夢は警察官になることだそうです。