リニアトンネル掘る大円盤 直径14メートルに1100枚の刃

リニアトンネル掘る大円盤 直径14メートルに1100枚の刃

2027年の品川―名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線で、JR東海は1月29日、首都圏の本線トンネル工事で使うシールドマシンを神戸市内で報道陣に初めて公開した。地下40メートルを超える「大深度地下」で、1日に20メートル掘り進めることができるという。シールドマシンは直径14メートル、長さ14・5メートル、重量は約3千トンある。係員の合図で、約1100枚の刃が付いた円盤が低い音を立てて回り始めた。同社によると、国内の鉄道工事用としては最大級という。
 分解して東京都内に運び、21年度以降、実際に掘り始める予定という。このマシンでは、始発駅となる品川駅の付近から川崎市中原区までの約9キロを掘り進める。
 リニアは品川―名古屋間の全長約286キロのうち、9割近くがトンネルになる計画だ。首都圏のほか、愛知県内でも大深度地下での同様のトンネル工事を予定している。