乗客は制限下で生活か クルーズ船14日間留め置き

乗客は制限下で生活か クルーズ船14日間留め置き

横浜港の沖合に停泊中のクルーズ船について、厚生労働省は乗船者のうち日本人3人を含む10人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。クルーズ船に残された乗客や乗員はこの後、どうなるのでしょうか。横浜港から報告です。

 (伊従啓記者報告)
 ダイヤモンド・プリンセスには、いまだに3700人の乗客乗員が残ったままです。ただ、5日から14日間ほど留め置かれることになりました。というのも、加藤厚生労働大臣が「潜伏期間を考え、必要な期間、船内にとどまって頂きたい」との考えを示したからです。5日朝の状況ですが、感染者が確認されたことから、午前9時ごろからクルーズ船に海上保安庁の巡視艇を横付けし、感染者を港へと移す作業が行われました。また、この搬送の前に船内では「公共の場所から部屋に戻るように」とアナウンスがありました。中にいる乗客の一人は「船内にとどまってくれというのは致し方ない。ただ、14日間、船室でどう過ごすか困惑している」と語っています。まだ残り242人分の検査の結果が出ていないことから、今後、14日ほど留め置かれる間、何らかの制限下での生活を余儀なくされる可能性があります。