安倍総理の“ヤジ” 謝罪なければ野党は審議拒否も

安倍総理の“ヤジ” 謝罪なければ野党は審議拒否も

安倍総理大臣の国会でのやじを受け、立憲民主党の安住国対委員長は謝罪と撤回がない限り13日の予算委員会の審議には応じない考えを示しました。

 立憲民主党など野党は安倍総理が12日の予算委員会で野党の質問に対し、「意味のない質問だ」と不規則発言したことを問題視しています。
 立憲民主党・枝野代表:「かつてバカヤローといって問題になって解散した総理がいました。これらに匹敵するぐらいの暴言であり、これは行政府によって立法府議会全体に対する侮辱だ」
 安住国対委員長は自民党の森山国対委員長と会談し、安倍総理の謝罪と撤回がない限り13日の審議に応じない考えを示しました。それに対し、森山氏は13日に返答するということで、予算委員会は野党が欠席するなか、開かれる可能性もあります。