田代まさし被告 初公判に黒のスーツ姿で 覚醒剤使用など認める

田代まさし被告 初公判に黒のスーツ姿で 覚醒剤使用など認める

覚せい剤や大麻を所持していた罪などに問われている元タレントの田代まさし被告(63)の初公判が、13日、宮城・仙台地裁で開かれ、田代被告は、起訴内容を認めた。

覚せい剤・大麻取締法違反の罪に問われているのは、元タレントの田代まさし被告。

起訴状によると、田代被告は2019年11月、東京・杉並区の自宅マンションで、覚せい剤を所持・使用した罪と大麻を所持した罪に問われている。

13日、仙台地裁で開かれた初公判で、上下とも黒のスーツ姿で現れた田代被告は、裁判官から起訴された内容について間違いないか問われると、目線を前方に落としたまま「いえ、ありません」と答え、起訴内容を認めた。

裁判は、13日正午まで開かれる予定。

(2020/02/13)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH