1歳男児が保育園で死亡 給食をのどに詰まらせたか

1歳男児が保育園で死亡 給食をのどに詰まらせたか

大阪・城東区の保育園で1歳の男の子が食事中に意識を失い、その後に死亡しました。給食を喉に詰まらせたとみられます。

 12日午前11時40分ごろ、城東区の「ゆりかご第二保育園」から「園児が何かを喉に詰まらせた」と119番通報がありました。1歳2カ月の石田進人ちゃんが給食を喉に詰まらせたとみられ、心肺停止の状態で搬送され、まもなく死亡が確認されました。警察によりますと、この日の昼食はハンバーグ、コッペパン、りんごなどで、進人ちゃんを含む園児9人を職員3人が見ていました。保育園側は大阪市に対し、「保育士がすぐに異変に気付き、口の中のものを吐き出させようとした。保護者からアレルギーの申告はなかった」と説明しているということです。警察は業務上過失致死の疑いも視野に入れて当時の状況を調べています。