バドミントン 桃田賢斗選手が退院 全治3カ月の見通し 治療に専念

バドミントン 桃田賢斗選手が退院 全治3カ月の見通し 治療に専念

バドミントンの桃田賢斗選手が、退院した。

遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、帰国後に「右眼眼窩底骨折」が判明。

2月8日に手術をし、その後、入院していた桃田選手。

13日午前、退院したことを所属先が発表した。

全治は3カ月の見通しで、復帰戦に見据えていた3月中旬の全英オープンは出場を見送り、退院後もしばらくは治療に専念するという。

(2020/02/13)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH