【報ステ】“新型コロナ”感染の女性が死亡 国内初

【報ステ】“新型コロナ”感染の女性が死亡 国内初

加藤厚生労働大臣が13日に緊急会見し、国内で初めて、新型コロナウイルスに感染していた人が死亡したと発表した。厚労省によると、亡くなったのは、神奈川県に住む日本人女性(80代)で、感染が広がっている中国の湖北省や浙江省への渡航歴はなかった。女性は、先月22日からけん怠感が続き、今月1日に肺炎と診断されて入院。6日から呼吸状態が悪化したため転院していた。その後も治療を受けていたが、12日にさらに呼吸状態が悪化し、新型コロナウイルスの検査を受けていたという。女性は13日に死亡し、その後「陽性」が判明した。加藤大臣は会見で、死因が新型コロナウイルスによるものかどうかについては「診断名は確認中」として断定を避けた。