死亡女性は“感染”運転手の義母と判明 新型コロナ

死亡女性は“感染”運転手の義母と判明 新型コロナ

神奈川県で13日に死亡し、新型コロナウイルスへの感染が確認された80代の女性が、新たに「陽性」が判明した東京都のタクシー運転手の義理の母であることが関係者への取材で分かりました。

 厚生労働省によりますと、80代の女性は先月22日から倦怠(けんたい)感が続き、今月1日に肺炎と診断されて入院し、6日から呼吸状態が悪化したため転院していました。その後も治療を受けていましたが、12日にさらに呼吸状態が悪化し、新型コロナウイルスの検査を受けていたということです。女性は13日に死亡し、その後、陽性が判明しました。厚労省は女性の湖北省や浙江省への渡航歴はなしとしています。また、東京都によりますと、70代のタクシー運転手の男性は、先月29日に発熱して病院で診察を受けていますがその2週間前の15日以降についても羽田空港には行っておらず、中国人客も乗せていないしプライベートでも中国人との接触はないということです。今のところ、この2人に接点があったかなどについては分かっていません。