津波警報示す旗のデザイン発表 聴覚障害者らに向け

津波警報示す旗のデザイン発表 聴覚障害者らに向け

気象庁は津波警報などが出された時に聴覚障害者などにも分かるように海水浴場などで掲げる旗のデザイン案を発表しました。

 発表されたデザインは赤と白の格子模様で、船舶が海からの緊急避難を呼び掛ける国際信号旗の「U旗」と同じデザインです。気象庁は津波警報や津波注意報が出された時に海水浴場などで係員が掲げて海水浴客らに知らせるのが望ましいとしています。東日本大震災では聴覚障害者の死亡率が障害のない人の2倍に上ったというデータもあります。早ければ6月までに正式決定し、今年の海水浴シーズンから運用したい考えです。