国内の医療従事者で初 男性医師が新型コロナ感染

国内の医療従事者で初 男性医師が新型コロナ感染

和歌山県が県内の50代の男性医師が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。この男性医師は発熱の症状が出た後も患者の診察をしていて、国内で医療従事者の感染は初めてです。

 和歌山県湯浅町の「済生会有田病院」に外科医として勤務する50代の男性は、先月31日に発熱して肺炎の症状がみられたため、今月10日に入院。13日、新型コロナウイルスの検査で陽性であることが判明しました。国内で医療従事者の感染は初めてです。男性医師は発症前14日間の中国への渡航や中国人との明らかな接触はなく、感染ルートは分かっていません。また、男性医師は3日から5日までは解熱剤を飲んで患者の診察をしていて、県は院内の患者全員に検査を行うとともに今後、「接触者外来」を設けて熱やせきなどの症状がある人に受診を呼び掛けます。