感染医師の病院受診 和歌山県で新たに70代男性感染

感染医師の病院受診 和歌山県で新たに70代男性感染

和歌山県は14日午前、県内の病院を受診していた70代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

 和歌山県によりますと、新たに感染が判明したのは県内に住む70代の日本人男性で、農業に従事しています。男性は1日から嘔吐(おうと)の症状があって5日に発熱し、翌日に和歌山県湯浅町の「済生会有田病院」で受診して入院しました。症状は重症で、現在は受診した病院とは別の病院の集中治療室に入っているということです。発病する前2週間の渡航歴は不明で、濃厚接触者や感染ルートについて保健所が調査しています。男性が受診した病院では13日、50代の男性医師が新型コロナウイルスに感染したことが分かっています。県は男性と50代の医師は直接、接触していないため、現時点で院内感染の可能性については否定しています。