五輪 政府と競技団体会議“新型コロナ”に不安の声

五輪 政府と競技団体会議“新型コロナ”に不安の声

東京オリンピック・パラリンピックに向けた政府と国内競技団体などの初めての会議で、感染が拡大する新型コロナウイルスについて出席者から不安の声が上がりました。

 13日、東京・新宿区で開かれた会議では国内の競技団体のほか、競技会場がある自治体の関係者が出席し、感染が拡大する新型コロナウイルスの現状や対応策について政府からの説明を受けました。そのなかで、出席者からは「スポーツ大会の主催者側から感染していないという証明書を出してほしいと言われた」という声や「手洗いやアルコール消毒をどれくらい徹底すれば良いのか」「感染のピークはいつなのか」といった質問が出ました。これに対し、政府は「今後の見通しが政府内で明らかになった場合、速やかに情報提供する」と回答するにとどまったということです。