勝浦のホテルに総理が謝意 後処理は政府が全額負担

勝浦のホテルに総理が謝意 後処理は政府が全額負担

中国・武漢市から最初のチャーター機で帰国した人の滞在先になっていた千葉県勝浦市のホテルについて、政府は消毒などの費用を全額負担する方針を明らかにしました。

 菅官房長官:「政府としては風評被害にならないように、また、こうした全館消毒、布団や畳の全部交換をこの『ホテル三日月』については予定している」
 さらに、菅長官は観光庁を通じて正確な情報発信を行うことで、ホテルの宿泊を検討している旅行者らの不安や疑問に対応していく考えを示しました。また、安倍総理大臣は13日に自身のツイッターを更新し、帰国者の受け入れに関わったホテルや自治体に向けて「皆さんに厚くお礼を申し上げます」と感謝を伝えました。