病院船検討へ「自衛隊運用なら災害時に有益」

病院船検討へ「自衛隊運用なら災害時に有益」

河野防衛大臣は新型コロナウイルスの対応などに今後、病院船の検討を始める考えを示しました。

 河野防衛大臣:「インド太平洋構想のなかでも役立つものでもございますので、検討していきたい」
 河野大臣は仮に病院船が自衛隊で運用された場合、「災害時に役立つ」との認識を示したうえで、「海上自衛隊や海自OBが運航する可能性がある」と述べて具体的な検討を海上自衛隊で議論するよう指示しました。さらに、岩手県と北海道を結ぶ民間フェリー「シルバークイーン」を新型コロナウイルスの集団感染で「ダイヤモンド・プリンセス」の支援にあたっている自衛隊員の宿泊施設などに運用する方向で調整していることも明らかにしました。