チャーター第3便の帰国者 陰性の144人が帰宅へ

チャーター第3便の帰国者 陰性の144人が帰宅へ

中国・武漢市からの政府のチャーター機第3便で帰国し、ウイルス検査で陰性が確認された人たちは約2週間の健康観察期間を終え、滞在先の国の施設から帰宅を始めました。

 先月31日に政府のチャーター機第3便で帰国した人の多くは、埼玉県和光市にある国の施設などに滞在して健康観察を続けてきました。今月14日までに行われたウイルスの再検査で145人のうち1人を除いた144人は陰性が確認され、14日夜から政府が用意したバスなどで順次、施設を出発しています。15日までに全員が施設を後にし、自宅などに戻る予定です。一方で、再検査で陽性となった60代の女性1人は入院して治療を受けます。