都の暴排条例改正後初 みかじめ料支払い経営者逮捕

都の暴排条例改正後初 みかじめ料支払い経営者逮捕

暴力団にみかじめ料を支払ったとして、東京・大田区でキャバクラ店を経営する男が逮捕されました。みかじめ料を支払った側の逮捕は都の暴力団排除条例が改正されてから初めてです。

 瀬田川幸一容疑者(53)は去年10月、経営するキャバクラ店のみかじめ料として同じく逮捕された指定暴力団稲川会系幹部の石沢州鏡容疑者(51)に10万円を渡した疑いが持たれています。警視庁によりますと、瀬田川容疑者は約10年間にわたって合わせて1000万円以上を渡したとみられています。取り調べに対して、2人とも容疑を認めているということです。