【報ステ】未来の自分に心愛さん「あきらめないで」

【報ステ】未来の自分に心愛さん「あきらめないで」

去年1月、千葉県野田市の小学4年生・栗原心愛さん(当時10)が虐待を受けて死亡したとされる事件で、父親の勇一郎被告(42)の初公判が21日に開かれる。勇一郎被告は、心愛さんに暴行して胸を骨折させたり、冷水シャワーをかけるなどしたうえ、十分な食事や睡眠を取らせず、衰弱させて死なせたとして、傷害致死などの罪に問われている。逮捕された当初、勇一郎被告は「しつけだった」と供述していたが、その後は「覚えていない」などと一貫して否認している。心愛さんは亡くなる1年ほど前、小学校のアンケートで父親から暴力を受けていることを記し、「先生、どうにかできませんか」と訴えていた。また、亡くなる3カ月前に、学校の課題で書いた“未来の自分”に宛てた手紙には「5年生になってもそのままのあなたでいてください。未来のあなたを見たいです。あきらめないでください」とつづっていた。