経験のない“豪雨”広範囲で冠水、油の流出も 佐賀

経験のない“豪雨”広範囲で冠水、油の流出も 佐賀

気象庁は28日朝に福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報を発表しました。これまでに経験したことのないような豪雨となっていて、最大級の警戒が必要です。 前線の活動が活発になっている影響で、九州では1時間に100ミリを超える猛烈な雨を観測しました。24時間の雨量は平年の8月1カ月分の2倍に達し、観測史上1位となっている所があります。気象庁は災害が発生している可能性が極めて高くなっているとして、福岡県、長崎県、佐賀県に大雨特別警報を発表しました。周囲の状況を確認し、命を守る最善の行動を取って下さい。29日にかけては西日本から北日本の広い範囲で大雨の恐れがあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。