ケフィアの元代表ら 約235万人狙い投資持ち掛け

ケフィアの元代表ら 約235万人狙い投資持ち掛け

倒産した通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表ら9人が逮捕された事件で、元代表らが自社が販売していた健康食品の購入者約235万人を狙って投資を持ち掛けていたことが分かりました。

 ケフィア事業振興会の元代表・鏑木秀弥容疑者(84)ら9人は、加工食品への出資の名目で約1億8000万円を不正に集めた疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、鏑木容疑者らは会社の設立当時に販売していたヨーグルトやハチミツなどの健康食品を購入した約235万人を対象に出資を持ち掛けていたことが分かりました。その際、強引な電話勧誘はせず、興味を持った客がダイレクトメールで申し込んでくるのを待つことでトラブルが起きることを抑えていたということです。警視庁はこれらの集客方法が限られた幹部の指示によって行われたとみて捜査しています。