結婚式での感染は不安 でもキャンセル料は100万円

結婚式での感染は不安 でもキャンセル料は100万円

新型コロナウイルスに親しい人が感染しないよう結婚式を予定通りに開催するのか迷い始めた人もいます。ただ、キャンセル料は100万円に上るといいます。

 ウェディングドレスを身にまとい、はにかむのは佐賀県出身の丹野穂佳(24)さん。5カ月後に結婚式を挙げる予定でした。しかし・・・。
 新郎・井上啓一朗さん(25):「結婚式キャンセルしないといけないのかな」
 原因は新型コロナウイルス。110人を超す招待客への影響が不安だといいます。
 新婦・丹野穂佳さん:「今、呼ぶ予定のゲストのなかにおじいちゃん、おばあちゃん、年配の方や小さい子どもがいる友達が結構、多い。そういう方は特に不安を覚えると思う。それを踏まえて中止にするか(検討している)」
 キャンセルはすでに始まっています。国内外で披露宴などを手掛けるコーディネーターは、まだ肌感覚としながらも、こんな数字を挙げました。
 結婚式のコーディネーター:「“新型コロナ”が理由のキャンセルは10%くらい上がってきている。感覚的には地方エリアから首都圏に動いてきて、今、ちょうど首都圏の方たちがキャンセルなどに動いている印象。親御さんからの声がものすごく強いと思っている。最終的にはお二人で判断される」
 とはいえ、簡単に決断はできません。交際1年でプロポーズをされた丹野さん。ウェルカムボードを作り、式の演目など準備を進めてきました。さらに、お金の問題も。
 新婦・丹野穂佳さん:「もし、きょう(キャンセル)するとしても、キャンセル料が100万円かかる。(結婚式)しないのに100万円払うのもなって・・・。100万円はすごく大きいし・・・」
 式を挙げる選択も、もちろんあります。都内の式場の担当者に話を聞くと、マスクをしたまま披露宴に臨む招待客もいるといいます。ただ、スタッフはマスクをしません。
 都内の結婚式場担当者:「人生に1度あるかないかのイベント。マスクをすることで、多少なりとも見栄えが悪くなってしまったり、特別感を損なう恐れがある」
 予定通りに式を挙げるか、それとも・・・。心は揺れます。