「蔓延の恐れ」対策本部設置へ 緊急事態宣言可能に

「蔓延の恐れ」対策本部設置へ 緊急事態宣言可能に

政府は新型コロナウイルス対策をより強化するため、今月に施行された特別措置法に基づく「政府対策本部」の設置に向けた手続きを始めます。

 (政治部・安間由太記者報告)
 設置に向けてはまず、加藤厚生労働大臣が総理官邸で安倍総理大臣に対して「蔓延(まんえん)の恐れが高い」と報告します。この報告を受け、政府は安倍総理を本部長とする政府対策本部の設置を閣議で決定することにしています。政府対策本部の設置は、安倍総理が「緊急事態宣言」を出すために必要なプロセスです。緊急事態が宣言されればイベント中止の指示など、これまでより強力な措置が可能になります。ただ、政府高官は「今の状況でも直ちに緊急事態宣言を出すことは考えていない」と強調していて、あくまで感染拡大に備えた措置だと説明しています。一方で、政府内には今も海外旅行に行く人が一定数いる状況などに「緊張感の緩み」を懸念する声もあります。政府は今後、出国や入国を制限する措置をさらに拡大することも検討しています。