「あなたがいないことがいまだに信じられません」

「あなたがいないことがいまだに信じられません」

遺族は雪崩事故の追悼式で「あなたがいないことがいまだに信じられない」と訴え掛けました。

 息子・淳生さんを亡くした高瀬晶子さん:「あなたの写真を見返すことができません。何もできなくなってしまいました。あなたがいないことがいまだに信じられません」
 2017年3月27日、栃木県那須町で雪山登山の講習中の高校生7人と教師1人が雪崩に巻き込まれて死亡しました。今月26日、事故から3年を27日に控えて遺族主催の追悼式が開かれ、約20人が献花しました。また、遺族は事故は「自然災害ではなく人災」だとして栃木県教育委員会などに金銭の補償などを求め、裁判所に調停を申し立てました。