新型コロナ 感染一日で76人増 各地で京産大関係者

新型コロナ 感染一日で76人増 各地で京産大関係者

各都道府県での新型コロナウイルスの感染確認は30日の一日で76人、増えました。

 最も多かったのは東京都で、10代から80代の男女13人でした。この数日と比べて感染確認が少なかったのは週末だったこともあり、民間検査機関の検査結果だけだったためとみられます。また、京都では9人の感染が確認されました。このうち4人は集団感染の起きている京都産業大学の学生で、21日に開かれたゼミの卒業祝賀会に参加していました。この会に参加してすでに感染が確認されている別の学生と交流のあった京都府井手町の職員3人も感染が確認されました。このほか、富山県や和歌山県、岡山県、それに徳島県や香川県でも京都産業大学に関係のある人たちの感染が確認されました。
 兵庫県:「PCR検査の結果、20日に陽性を確認。その後、治療にあたっていたが 、3月29日お亡くなりになられた」
 また、兵庫県では宝塚市の80代の女性が死亡したほか、サッカーJリーグ「ヴィッセル神戸」の酒井高徳選手を含む4人の感染が新たに確認されました。さらに、福岡市では母親と1歳未満の女の赤ちゃんが感染していることが分かりました。母親に症状はなく、赤ちゃんは軽症だということです。このほか、ヨーロッパや南米から羽田や成田空港に到着した20人の感染も確認されました。