「臨時休校も視野に・・・」新学期前に文科大臣が見解

「臨時休校も視野に・・・」新学期前に文科大臣が見解

新型コロナウイルス感染症対策について、萩生田文部科学大臣は感染者が急増する地域では「臨時休校も視野に入れてほしい」とする見解を示しました。

 萩生田文部科学大臣:「当該地域ごとの判断により、地域全体での感染症対策を強化するための一環として、新学期においても一定地域での臨時休業を実施する可能性も視野に入れておく必要がある」
 萩生田大臣はこのように述べ、感染者が急増する地域では教育委員会などが再び臨時休校を行うことも選択肢の一つに入れておく必要があるとする見解を示しました。萩生田大臣はさらに、今週半ばに開かれる政府の専門家会議を受け、各自治体が臨時休校を判断するための「ガイドライン」をさらに詳しくまとめる考えも示しました。