IOC「10月が実施判断の重要時期」再延期なし

IOC「10月が実施判断の重要時期」再延期なし

IOC=国際オリンピック委員会のコーツ調整委員長は、オーストラリアのメディアに対し、来年7月に延期された東京大会について「開催できるかどうか、10月が重要な時期になる」との考えを明らかにしました。また、「東京大会の再延期をできない」と改めて述べました。コーツ氏は、大会が実施されると選手や運営、ボランティアなど、各国から多くの人が集まることにも触れ「ワクチンが開発されたとしても、世界中に行きわたるような状況でなければ、開催は難しい」との認識を示しました。

バッハ会長もイギリスBBCのインタビューに対し、安倍総理から「来年の夏が最後の選択肢になる」と伝えられていたことを明かし、「来年夏の開催が無理なら中止せざるを得ない」という見解を示しています。