愛知・豊橋市 狂犬病発症 14年ぶり確認

愛知・豊橋市 狂犬病発症 14年ぶり確認

愛知県豊橋市の医療機関を受診した患者が「狂犬病」に感染していたことが分かりました。国内で人が狂犬病を発症したのは14年ぶりです。

 豊橋市によりますと、患者は18日に腹痛や嘔吐(おうと)の症状などを訴え、市内の医療機関を受診しました。遺伝子検査の結果、22日に狂犬病ウイルスに感染していたことが分かりました。性別や年齢は公表されておらず、現在も集中治療室に入院していて重症です。患者は2月にフィリピンから就労のために来日していましたが、去年9月にフィリピン国内で犬に左足首をかまれ、この際に感染したとみられています。狂犬病を巡っては2006年にフィリピンから帰国した人が発症したケースが確認されています。